クリ博オンラインワークで仕事を依頼 クリ博オンラインワークは、Web上で仕事の発注・受注・決済ができるクラウドソーシングサービスです。

  •   
  • 利用規約

第1条 総則

1.本規約は、株式会社イマジカデジタルスケープ(以下「弊社」とします)が提供する業務委託契約締結等を行うためのツールおよびプラットフォームの提供並びに各種情報発信等を行う機能を持つクリ博オンラインワーク(以下「本サービス」とします)および本サービスにかかる弊社Webサイト(以下「本サイト」とします)の利用者との利用条件等を定めるものとします。

2.利用者はクリ博オンラインワーク利用規約(以下「本規約」とします)を熟読し、その内容を十分理解し、承諾したものと看過します。

3.本規約のほか、弊社が本サービス上に掲載する利用ガイドライン等が存在する場合、当該ガイドライン等は特段の定めが無い限り本規約の一部を構成するものとします。

 

第2条 定義

1.本規約の中で使用される以下の各用語は、以下のとおりとします。

(1)会員:本サービスの利用を目的として、所定の入会登録を行い、弊社がその入会登録を承認した個人を指します。

(2)利用者:会員または非会員を問わず、本サービスの提供を受ける者で、本サイトの閲覧者も含みます。

(3)クライアント:本サービスにおいて、業務を発注し、または発注しようとする会員を指します。

(4)ワーカー:本サービスにおいて、業務を引き受け、または引き受けようとする会員を指します。

(5)時間報酬制:クライアントがワーカーへの報酬を、その業務を遂行するのに実際に費やした時間(以下「作業時間」とします)に応じて報酬を支払う方式を言います。

(6)固定報酬制:クライアントがワーカーへの報酬を、予め決定した業務の成果物の完成に対して報酬を支払う方式を言います。

(7)ウォレット:本サービス上で入出金を行うことができる口座を言います。

(8)タイムカード:時間報酬制における作業時間の計測および報酬(以下「時間報酬額」とします)の支払を目的に、弊社が提供し、ワーカーが自身のコンピュータにインストールするソフトウェアを言います。

(9)本取引:本サービスを通じて締結されるクライアントとワーカーの間での業務委託契約を言います。

(10)受発注者:業務委託契約におけるクライアントおよびワーカーの総称を言います。

(11)週:月曜日の0:00から始まり日曜日の24:00において終了する連続した7日間を言います。

 

第3条 会員登録

1.会員登録手続きは、会員となる本人が行うものとし、代理人等による会員登録は一切認められません。

2.会員は、登録内容が真正であることに責任を負うものとします。

3.会員は、登録内容の変更がある場合、会員は直ちに登録内容を修正し、常に会員自身の正確な情報が登録されているよう、管理・修正する責任を負います。

4.会員は、1つのアカウントを保有するものとし、弊社が認めた場合を除き、複数のアカウントを保有することは出来ません。



第4条 会員資格

本サービスへの会員登録の条件は以下のとおりとします。

(1)満18歳以上であること

(2)連絡可能なメールアドレスを保有していること

(3)本規約の全ての条項に同意すること

(4)満18歳以上であって未成年である場合は、会員となることおよび本規約に従って本サービスを利用することを、会員登録する前に親権者の包括的な同意を得ていること

(5) 企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針(平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会申合せ)に定める暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力に所属しておらず、また、将来においても所属しないこと

 

第5条 会員申込の非承諾・会員資格の取消等

1.弊社は、以下の各号のいずれかに該当する場合は、会員として登録することを承諾しない場合があります。また、登録後であっても、会員について以下の各号のいずれかに該当する事実が判明した場合には、警告し、または事前の通知または催告なくして本サービスの提供を一時的に停止し、または登録を解除抹消することおよび将来にわたって本サービスのご利用をお断りすることができます。なお、当該措置を講じた場合、弊社はその理由の開示および説明の義務を負わず、これによって生じる一切の損害について、直接的か間接的かを問わず、一切の責任を負わないものとします。

(1) 不実または誤認を与える内容にて申込みが行われた場合

(2)虚偽情報の登録、提供があった場合

(3)登録されている連絡先に対して、連絡が取れない場合

(4)過去に弊社が提供する各サービス等において、または過去に他の利用者との取引において契約上の義務を怠ったことがある場合。また、今後も怠るおそれがあると弊社が判断した場合

(5)法令または本規約に違反した場合、または将来行うおそれがあると認められる場合

(6)不正行為があった場合

(7)会員資格を満たしていないことが明らかになり、または満たさなくなった場合

(8)他の会員や第三者との間で発生したトラブルもしくは苦情の申し出が、故意・過失を問わず、弊社一定水準を超えた場合。この苦情には、ワーカーについて、クライアントから弊社が受ける業務水準、業務速度、業務品質に関する苦情が含まれます。

 (9) その他、業務の遂行上著しい支障がある場合、もしくは良好な信頼関係が維持できないと弊社が判断した場合

2.弊社は、前項に定める措置を講じた場合、その理由の開示および説明の義務を負わず、これによって生じる一切の損害について、直接的か間接的かを問わず、一切の責任を負わないものとします。

3.弊社は、第1項に定める措置をなした時点で当該会員に支払われることとなっていた金銭について、弊社の判断により、一定期間その支払を留保したり、支払をせずに弊社が指定する他の方法による精算等の措置を講じることができるものとします。



第6条 会員の退会

会員が退会を希望する場合は、本サイトの所定ページから退会手続きを行うことができます。ただし、当該会員が以下に定める状態にある間は退会できないものとします。

(1)仕事に応募しているとき

(2)仕事情報を掲載しているとき

(3)契約に定める義務の履行が完了していない場合

(4)決済手続きが完了していない場合

(5)ウォレットに残金がある場合(ウォレット残金が振込み手数料以下の場合、当該残金の放棄に合意のうえで退会が可能となります)

 

第7条 ID・パスワードの管理

1.会員は、登録したID、パスワード(以下総称して「アカウント」とします)を自己の責任において管理および保管するものとし、パスワード等の盗用や第三者による使用(以下総称して「不正利用」とします)を防止する措置を自ら講じるものとします。

2.会員は、アカウントを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。

3.会員は、アカウントの不正利用が判明した場合には、直ちにその旨を弊社に通知するとともに、弊社からの指示に従うものとします。



第8条 本サービスについて

1. 本サービスはクライアントとワーカーとの間で直接業務委託契約を締結することを目的としており、弊社は本取引の当事者とはなりません。

2.前項の定めによらず、本取引に基づくクライアントからワーカーへの報酬の支払事務については、弊社がクライアントから委託を受けて代行するものとし、また、弊社がワーカーより収納委託を受けてこれを代行します。ただし、弊社はクライアントによる報酬の不払いについては、一切の義務および責任を負わないものとします。

3.会員が本サービスを利用して契約を締結する場合、契約の形態は原則として業務委託契約とし、契約内容に含まれるか否かに関わらずワーカーが当該受託業務を遂行する際に、クライアントがワーカーに対し以下の各号に定める行為を行うことは出来ません。

(1)ワーカーに対する業務の遂行方法・作業の割り付け・順序等に関する具体的な指示をクライアントが行うこと

(2)ワーカーの業務遂行時間の指定等の管理をクライアントが行うこと

4.本サービスにおいて弊社は、本取引に基づく業務の遂行やその成果物等につき、それらの内容・品質・信憑性・適法性・的確性・有用性等の確認および保証を行わないものとし、その瑕疵につき一切の責任を負いません。

 

第9条 本取引の成立

1.本サービス内において、クライアントとワーカーの間で、業務内容・期間・報酬の支払い形式・時間報酬制の場合の時間報酬額・作業時間の上限および上限金額・固定報酬制の場合の報酬額等(以下総称して「契約内容」とします)が確定し、その内容に従って実施する意思が相互に確認された時点で、両当事者間で業務委託契約が締結されたものとします。

2.ワーカーは、クライアントに対して、本取引の契約内容に従った業務の遂行・完成・成果物の引渡し等を行う義務を負います。

3.クライアントは、本取引の契約内容に従った業務の遂行・完成に対する報酬をワーカーに支払うものとします。なお、クライアントは、必要に応じて自己の費用と責任において成果物に対する検収を行うものとします。

 

第10条 契約解除

前条第1項に定める契約成立後は、当該契約の解除は受発注者のいずれかによる申し出と相手方の合意により行うことができるものとします。なお、本合意に際しては受発注者間にて協議を尽くしたうえでこれを行うものとします。

 

第11条 時間報酬制による取引

1.ワーカーは、時間報酬額の算出根拠となる作業時間の計測には、タイムカードを利用することに同意するものとします。タイムカードで計測されなかった時間については、原則として報酬支払いの対象とはならないものとします。

2.1時間未満の端数については、1分単位の分割計算で支払われるものとし、1分未満の端数は切り捨てるものとします。また、計算された時間報酬額が整数ではない場合は、1円未満の小数点以下は切り捨てるものとします。

3.作業時間は締日となる毎週日曜日の24:00に集計されます。

4.タイムカードに計測されていない作業時間の追加を行う場合、翌週の締日(以下「追加申請締日」とします)までにワーカーはこれを行うものとします。

5.クライアントが前項に定める作業時間の追加を追加申請締日までに承認した場合、
クライアントはワーカーに対して追加時間分を上限とする追加報酬の支払いを行うことができるものとします。
なお、本承認は追加申請締日の属する翌週末までの期間に一度のみ任意で行うことができるものとします。

6.クライアントは、時間報酬制を選択した場合、成果物の完成や品質および成果物の仕様不適合等の債務不履行、成果物の瑕疵について保証されないことに同意するものとします。

 

第12条 時間報酬制に関する特則

1.ワーカーは、作業時間に対し報酬が支払われることを認識し、以下の点で最善の努力を払うものとします。

(1)作業に集中し、合理的な水準の速度においてこれを行うこと

(2)故意または過失により作業の所要速度を遅らせる行為(客観的・合理的に見て故意または過失と見るべき場合を含む)を厳に慎むこと

2.ワーカーは、タイムカードが正常に動作していないことを発見した場合、弊社に迅速に報告するものとともに、正常な動作が再開するまで、作業を停止するものとします。

3.ワーカーは、弊社およびクライアントがワーカーの作業時間を適切に確認できるようにするために、タイムカードが備える機能を全て作動させ、一部の機能を停止させないようにするものとします。また、バージョンアップその他の理由でタイムカードを更新し、または再インストールが必要な場合、迅速にこれを行うものとします。

4.前項に定めるタイムカードの機能の中には、クライアントがワーカーの作業状況を確認することを目的に、作業中のワーカーのコンピュータに関するスクリーンショット、並びにマウスおよびキーボード入力の回数を記録し、一定時間毎に弊社に送信する機能が含まれます。スクリーンショットは機械的に送信されるものであり、ワーカーは、作業中において業務に無関係またはプライベートな情報、画像または図表が送信されないよう、作業に用いるコンピュータに表示しないようにする義務があります。また、弊社は、タイムカードによって、業務に無関係またはプライベートなワーカーもしくは第三者の情報、画像または図表が含まれるスクリーンショットが送信された場合でも、ワーカーまたは第三者に対し何ら責任を負いません。

 

第13条 固定報酬制による取引

1.ワーカーは、業務終了後、クライアントに対し、弊社所定の手続きで完了の報告を行い、クライアントは、速やかに必要に応じて成果物の検収等を行ったうえで、弊社所定の手続きによって報酬の支払を確定させるものとします。

2.業務に関する、履行遅滞、もしくは成果物の仕様不適合等の債務不履行、成果物の瑕疵、またはその他の法的問題があるときは、クライアントとワーカーは、当事者間で協議の上、合意によって問題を解決するものとします。

 

第14条 本サービスの利用料に関する事項

本サービスは、会員登録、仕事登録等すべて無料でご利用頂けます。ただし、以下の場合のみ利用手数料をお支払い頂きます。なお、受発注者が取引する金額や以下の利用手数料については、すべて消費税が含まれるものとします。

 

<サービス手数料>

本取引により報酬が確定した場合、ワーカーは、弊社に対し、クライアントからワーカーへ支払われる報酬のうち、以下に定めるサービス手数料を当該報酬から控除する方法により弊社にお支払い頂くものとします。

 

(1)報酬金額の内、25万円を超える金額に対しては、5%の利用手数料

(2)報酬金額の内、25万円以下の金額に対しては、10%の利用手数料

 

第15条 決済手続き

1.本サービスの利用に関する金員の支払いについては、クレジットカードを利用した弊社が指定する決済サービスによるものとします。

2.クライアントが時間報酬制による決済を希望した場合、ワーカーが作業を開始する日の属する週および翌週に予定される作業時間の上限金額となる時間報酬額につき、弊社はクレジットカードの与信枠の確保を実施し、支払確定後に弊社はカード決済を実行し、決済手続きを完了することとします。本手続きの遅延による、翌週の作業開始遅延については、ワーカーは責任を負わないものとします。

3.クライアントが固定報酬額による決済を希望した場合、ワーカーが作業を開始する前に、弊社はクレジットカードの与信枠の確保を実行し、支払確定後に弊社はカード決済を実行し、決済手続きを完了することとします。本手続きの遅延による作業開始遅延については、ワーカーは責任を負わないものとします。

4.時間報酬制の場合、原則として第11条で定める集計後遅滞なく、固定報酬制の場合、決済手続き完了後遅滞なく、弊社はサービス手数料を控除した報酬をワーカーのウォレットに加算します。

5.弊社は、ウォレット残金から振り込み手数料を差し引いた金額を上限とし、ワーカーが指定する金員をワーカーの指定する振込口座へ出金するものとします。

6.前項に定めるスケジュールは、水曜日までに申請のあったものを、同一週の金曜日に出金するものとします。ただし金曜日が金融機関休業日の場合、翌金融機関営業日の出金となります。

 

第16条 決済手続きの特則

1.クレジットカードの与信枠の確保期間が80日を超えるものについては、弊社は当該金員をクライアントのウォレットに加算するものとします。なお、当該金員については、対象となる業務の報酬支払いの目的以外にクライアントは使用できないものとします。

2.ワーカーへの支払い報酬額が与信枠の確保で設定した報酬額を下回る場合等においてクライアントより弊社に差額分の入金が行われた場合、弊社はクライアントのウォレットにこれを加算する場合があります。

3.クライアントのウォレットに残金がある場合において、クライアントが新たな業務の発注を行う場合、弊社は優先的に当該業務の支払いに充当させるものとします。

4.ウォレットに残金がある状態で継続して1年間本サイトへのログインが行われなかった場合、弊社は残金を会員が指定する口座に振込送金を行うものとします。

5.弊社に対する会員の振込手数料および会員に対する弊社の振込手数料については、会員がこれを負担するものとします。

6.会員が指定した口座情報に不備があり振込みができない場合、組戻しにかかる手数料は会員が負担するものとし、口座情報の不備が解消されるまで、弊社は再振込みを行わないものとします。

7.前条の定めによらず、クライアントが請求書による銀行振込決済方式を希望する場合、所定の様式にて弊社に申込を行うものとし、弊社は審査結果をクライアントに通知するものとします。尚、本方式を希望するクライアントは、審査に合格した場合、クレジットカードを利用した決裁サービスとの併用が行えないこと、および定期的に継続審査が行われることにつき予め同意するものとします。

8.受発注者間で本取引に関する報酬を直接授受することを禁止します。なお、直接の報酬の授受の有無にかかわらず、クライアントは弊社に本条で定める報酬の払込みを行う義務があるものとします。

 

第17条 本取引の成果物に関する知的財産権

1.本取引を通じてワーカーがクライアントに納品し権利を譲渡する成果物(以下「成果物」とします)については、ワーカーは、クライアントに対し、成果物が第三者の特許を受ける権利、実用新案登録を受ける権利、意匠登録を受ける権利、著作権(著作権法27条および28条に定める権利を含みます)、および著作隣接権その他一切の知的財産権(以下「知的財産権等」とします)を侵害していないことを保証するものとし、この保証に反する事実が明らかになったときは、ワーカーはクライアントに対し、代替成果物の納入、損害賠償その他の責任を負うものとします。この場合の処理は、受発注者間で直接協議解決するものとし、弊社はいかなる責任も負いません。

2.成果物に関する知的財産権等は、決済手続きが完了するまでの間はワーカーに帰属するものとし、決済手続きが完了した段階でクライアントに移転・帰属するものとします。また、その対価は報酬に含まれるものとします。

3.ワーカーは、成果物につき、クライアントまたはクライアントの指定する者に対し、著作者人格権を行使しません。

 

第18条 本取引における法令遵守

1.会員は、本取引において、法令を遵守する義務を負います。その中には、以下のものが含まれますが、これに限られるものではありません。

(1)本取引が下請代金支払遅延等防止法の適用を受けるときは、親事業者たるクライアントは、同法を遵守するものとします。

(2)本取引によってワーカーに支払われる報酬につきクライアントが源泉徴収をする義務があるとき、クライアントは、源泉徴収税の納付等の義務を履行するものとします。なお、本取引においてクライアントが提示する報酬額は、源泉徴収額を控除した額とします。

2.本取引において、受発注者間で別途取り決めを行う場合、法令および規約の定める範囲においてこれを定めるものとします。

 

第19条 本取引における秘密保持

1.受発注者は、本取引により開示される弊社を含む相手方の技術情報・顧客情報・事業活動等の有益な情報の一切につき、事前の相手方の文書による同意を得た場合を除き、第三者に開示および漏洩、並びに本取引以外の目的に使用してはならないものとします。ただし、以下の各号のいずれかに該当するものはこの限りではなく、個人情報については第5号の定めのみが適用されるものとします。

(1)相手方から開示を受けた際、既に自ら所有していたもの

(2)相手方から開示を受けた際、既に公知公用であったもの

(3)相手方から開示を受けた後に、受発注者それぞれの責によらないで公知または公用となったもの

(4)正当な権限を有する第三者から秘密保持の義務を伴わず入手したもの

(5)法令等その他公的要請に基づき開示の義務を負うもの

2.受発注者が、秘密情報を利用するにあたっては、本取引の達成に最小限必要な従業員に限定し、当該従業員が秘密情報を漏洩もしくは本取引の達成以外の目的で使用しないよう、監督その他必要な措置を講ずる義務を負った上で開示することができるものとします。

3.受発注者は、秘密情報の取扱につき、合理的な安全管理体制および漏洩防止手段を講じる義務を負うものとします。

 

第20条 禁止事項

利用者は、以下の行為を行わないものとします。尚、本条各号の定めに違反した場合、弊社の判断により、仕事情報の削除及び第5条第1項に定める措置等を講じることができるものとします。

(1)虚偽の情報を登録、提供する行為

(2)他の利用者または第三者の著作権、肖像権、その他知的財産権を侵害する行為

(3)他の利用者または第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為、誹謗中傷する行為

(4)仕事情報に明記せずにワーカー等の個人情報の登録や開示が必要となる仕事情報を掲載する行為

(5)弊社の事前の書面による承諾無しに、本サービスを利用して第8条に定める本サービスの利用目的を逸脱するような営業活動並びに成功報酬型広告によるアフェリエイト報酬の獲得等営利を目的とした利用およびその準備を目的とした利用行為

(6)商品・サービスを提供する事業者が、顧客を誘引する手段として消費者に宣伝と気づかれずに行う宣伝行為またはその幇助を行う行為

(7)商品・サービスについて、実際のものより著しく優良・有利だと誤認させること等により、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがある宣伝行為またはその幇助を行う行為

(8)犯罪的行為に結びつく行為、公序良俗に反するまたは反社会的行為

(9)本サービスを通じて入手した情報を、本サービスおよび本取引の利用目的の範囲を超えて使用する行為

(10)本サービスを通じて入手した情報として、虚偽の情報を流布する行為

(11)弊社および他の利用者に対する長時間の架電、同様の問い合わせの過度な繰り返し、履行義務の無いことの強要等業務に著しい支障をきたす行為

(12)発注する意思のない仕事情報の掲載、受託する意思のない業務への応募や問い合わせ等の行為

(13)もっぱら第8条第3項各号に定める行為を行うことを目的としてクライアントの指定する作業場所(クライアントの事務所等を指すがこれに限らない)に常駐して作業を行う必要のある仕事情報の掲載。

(14)他の会員の本サービスの利用について妨害する行為

(15)本サービス外においてクライアントとワーカーが取引を成立させる等、サービス手数料の支払いの潜脱行為を行う行為

(16)法令に基づき監督官庁等への届出、許認可の取得等の手続きが義務付けられている場合に、当該手続きを履行せずに本サービスを利用する行為

(17)他の利用者の設備または本サービス用設備の利用もしくは運営に支障を与える行為、またはそのおそれのある行為

(18)他の利用者または第三者の個人情報(電話番号や住所等)を発信および公開する行為、または発注時に利用者自身の詳細な個人情報の記載を要求する行為

(19)業務と明らかに異なる作業や重複した作業を行う行為

(20)業務と直接関係の無いファイルのアップロードを行う行為

(21)弊社または会員からの連絡に対する不当な応答の遅延や無視等を行う行為

(22)本規約に違反する行為、またはそのおそれのある行為

(23)その他いかなる法に違反する行為、またはそのおそれのある行為および弊社が不適当と判断した行為

 

第21条 監視業務

弊社は、会員が本サービスを適正に利用しているか否かの監視を弊社の裁量により行うことができるものとします。

 

第22条 本サービス・本サイトの中断

1.弊社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスまたは本サイトについて、全部または一部を永久的に停止または一時的に中断することができるものとします。

(1)コンピュータシステムの点検または保守作業を定期的または緊急に行う場合

(2)コンピュータ、通信回線等が事故により停止した場合

(3)火災、停電、天災地変等の不可抗力により本サービスまたは本サイトの運営・提供ができなくなった場合

(4)その他、弊社が停止または中断を必要と判断した場合

 

第23条 非保証・免責

1.本サービスにおいて弊社は、本取引に基づく業務の遂行やその成果物等につき、それらの内容・品質・秘密保持を含む信憑性・適法性・的確性・有用性等の確認および保証を行わないものとし、その瑕疵につき一切の責任を負いません。

2.アカウントの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は会員が負うものとし、弊社は一切の責任を負わないものとします。

3.会員は、本サービスの利用または本取引遂行等の目的で作成したデータ等について、自己の責任において保存するものとします。弊社サーバー側では、これらのデータの保存内容について保証しないものとします。また、利用者は弊社に対し、本サイトで保存するデータの消失やサーバーの稼動停止によりクレーム、紛争、損害賠償の請求等が起こった場合の損害、責任について一切を免責するものとします。

4.利用者が利用した機器・回線・ソフトウェア等により生じた責任および損害、並びに、利用者が本サービスを利用する上での過誤による責任および損害は、利用者が負うものとし、弊社は一切責任を負いません。

5.弊社は、本サービスに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等が含まれていないことについても、一切保証しないものとします。弊社は、本サービスに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等が含まれていたことにより生じた一切の損害について、直接的か間接的か、予見できたか否かを問わず、利用者および第三者に対して一切責任を負いません。

6.弊社は、本サービス提供の状態については一切保証いたしません。

7.弊社は、本取引における会員の法令遵守につき、何らこれを保証するものではなく、何らの責任を負わないものとします。

8.弊社は、本サービスが会員に役立つよう最大限の努力を行いますが、その責任は、会員が支障なく本サービスを利用できるよう、合理的な努力を行うことに限られるものとし、本サービスおよび本サイトについて、欠陥、一時停止、一部削除、変更、終了およびそれらが原因で発生した利用者または第三者の損害、本サービスおよび本サイトの利用によりまたは利用できなかったことにより発生した利用者または第三者の損害に対し、いかなる責任も負わないものとし、損害賠償義務を一切負わないものとします。

 

第24条 確認

会員は、本サービスの利用によって業務委託契約の成立が保証されるものではないことを確認します。

 

第25条 本規約の改訂

弊社は、利用者への了解を得ることなく本規約を変更できるものとします。規約の変更・追加により利用者に生じた一切の損害について、直接的か間接的か、予見できたか否かを問わず、一切の責任を負いません。変更後の規約は本サイト上に表示・告知した時点より効力を生じるものとし、変更後、本サービスを利用した利用者は、本規約の変更を承諾したものと看做します。それに限らず、1ヶ月表示した時点で、すべての利用者が本規約の変更を承諾したものと看做します。

 

第26条 損害賠償等

1.利用者が本規約の定めに違反し、または、不正もしくは違法な行為を行ったことにより弊社または第三者に損害が生じた場合、利用者はその一切の損害を賠償する責任を負うものとし、弊社は一切の責任を負いません。

2.弊社は、本サービスに関連して利用者間、もしくは利用者と第三者間で発生した一切のトラブルについて、一切の責任を負わず、関知しません。万一トラブルが生じた場合は、訴訟内外を問わず当事者間で解決するものとし、当該トラブルにより弊社が損害を被った場合は、当事者は連帯して弊社に対し、弊社に生じた弁護士費用を含むすべての費用および当該損害を賠償するものとします。

3.前各項にかかわらず、何らかの理由で弊社が利用者に対し損害賠償の責を負う場合においても、弊社の責任は、当該利用者に関し弊社が受領した手数料の総額を上限とします。

 

第27条 個人情報の取扱

弊社は、個人情報を別に定める「個人情報保護に関する基本方針」に基づき、適切に取り扱うものとします。

 

第28条 準拠法・管轄

本規約の成立、解釈についての準拠法は日本法によるものとし、本サービスまたは本サイトに関連して弊社と利用者の間で訴訟等の必要が生じた場合には、訴額に応じて東京地方裁判所または東京簡易裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 


改訂:2014年1月31日 第16条 決済手続きの特則 第7項を新設 第20条 禁止事項 (4)(5)(6)(12)を新設 

改訂:2014年6月2日 第20条(禁止事項)第1項及び(4)を新設

仕事を受注するワーカー登録

仕事を依頼するクライアント登録